Untitled-1.png

ザイン手法と工程

Design method and process

​筐体のデザインは【音質】と音の【指向性】によって、ある程度形状が決まり、それがデザインの軸となります。
 
デザインの軸が決まったら先ずラフスケッチを描き起こし、大雑把なサイズを確定します。

ラフスケッチを描く際はあくまでシステムの輪郭のみデザインします。

輪郭が決まったら、手作りで実際に立体のモックアップモデルを作成します。

この際、細かい部品の形状を計算しながら形状を決め、ABS(樹脂)の板材を切り出し、パーツを作り、溶剤で接着し組み立てます。

この工程は手作業なので手間と時間がかかる為、面倒な作業になります。ですが、手加工で立体にする事により、彫刻物(塑像物)の様に、細かい部分の形状を正しく設計できるので、正しいデザインを成立させてゆく為には【手作りで立体モデルを作る】というプロセスは、大変重要な工程と考えております。

手作りで設計/デザインしたものには、コンピュータのみでデザインされたものには無い存在感と説得力があると思います。


手作りでモックアップを作成した後、モックアップモデルを基に3D図面を作成します。
※3D図面を作成する時に内部のネジボスなどの機構設計を行います。

最終3D図面を基にアルミのインゴットを3次元精密加工機で削り出し、製品にします。


 

The design of the housing depends on the sound quality and sound directivity.
Draw a rough sketch to determine the rough size

When drawing rough sketches, design only the outline of the system to the end.

Once the outline has been decided, we have created a mock-up model that is actually three-dimensional by hand.

In this case, the shape is determined by the head while calculating the fine shape, and the plate material of ABS (resin) is cut with the plastic cutter, and the part is made.

The parts are bonded one by one with the MEK solvent and are three-dimensionalized.

This process takes a lot of time and effort and is tedious.
However, i think the process of making a three-dimensional model by hand is very important because the shape of small parts can be designed correctly by three-dimensional ized by hand processing.

Handmade designs have a greater presence than those designed by computers. Create 3D drawings based on handmade mock-up models. Next, the aluminum mass is cut with a 3D precision processing machine using a 3D drawing.

IMG_6152.JPG

Rough sketch

IMG_6329.png

Mockup creation

IMG_6166.JPG

3D Drawing Modeling